鉄と食物繊維の相性には要注意

鉄分をしっかり摂っているはずなのに、鉄分不足を感じる…なんてことはありませんか?もしかしたら、食物繊維の摂り過ぎが関わっているかもしれません。鉄分と食物繊維には、どんな関係があるのでしょうか。簡単に解説します。

食物繊維の過剰摂取は、鉄分不足を引き起こす

食物繊維は身体に良い影響を与えると言われていることから、意識して摂取している人も多いと思います。しかし、その食物繊維には鉄分や亜鉛などのミネラル分をからめとって、外に排出してしまう作用もあるのです。

例えば、ダイエット中で野菜・果物をメインとし偏った食事になると食物繊維を過剰に摂取してしまうことになります。食物繊維は、デトックス効果があるので過剰摂取すると、身体に必要な栄養素までからめとって排出してしまうことがあります。鉄分をしっかり摂っているつもりでも、食物繊維も過剰摂取しているときは、結局鉄分不足になってしまいます。

鉄分をしっかり補給していても貧血が改善されないときは?

鉄分を十分に摂取しているのに、症状が改善されないときは、食物繊維が過剰に摂取されていることが考えられます。そんなときは、肉や魚も一緒に摂取するようにしましょう。肉や魚に含まれる、たんぱく質も貧血には有効な成分です。そのうえ、肉や魚にも鉄分は含まれているので、肉や野菜をバランス良く摂ることで改善が期待されます。また、食物繊維のドリンクも売られていますが、普段ドリンクから食物繊維を摂取している人は、貧血を感じたときは控えるようにすることでも改善される可能性があります。

食物繊維を控えても改善されなければ…

鉄分をからめとってしまう、食物繊維を控えてもあまり効果が見られないときは、鉄分のサプリメントを摂取してみましょう。鉄分は失われやすい栄養素のひとつなので、食事からの摂取でも足りないこともあります。サプリメントであれば、量も十分に摂れるので、オススメです。鉄分のサプリメントは、安全性が高く、コスパもいいので長期的に続けやすいです。食事から摂るのが難しいときは、サプリメントに頼るのも効果的です。

埼玉医科大学「鉄と貧血」(外部サイト)

Top